高校バスケ ついに引退!

昨日、次男の高校バスケがついに引退の日を迎えた。
もうちょっと先まで行けると思ってたから、ちょっとは残念だったが、
それ以上に感動する試合内容と応援だったから、悔いはない。
本人も「やりきった!」と言っていたので、良かったと思ってる。

ミニバスから始まって約10年。
こんなにガチなスポーツをしたのは末っ子の次男だけだったから、
私たち夫婦の応援生活も同じく10年。長いようであっという間だった。

体育会系部活経験のない私にとってはすべてが未知の世界だった。
顧問や練習の厳しさ、試合に出ることのむずかしさ、厳しさ・・・
たまたま身長に恵まれた次男はずっと試合には出してもらえて、ラッキーなことだったと思う。
一方でたった5人しかメンバーに選ばれないバスケでは、同じように厳しい練習に耐えてもユニフォームももらえずベンチにも入れずなんてことはよくある。実力ある後輩に先を越されることも、高校では当たり前。
そういう子たちや親の気持ちは、いろいろ複雑だということも知った。
練習ひとつをとっても考え方はさまざま・・・・
それでチーム内がぎくしゃくすることもあった。
特に中学の時は大変だったな。キャプテンの次男、保護者会代表の私。
親子して、苦い経験をたくさんした。
もちろん、そんな中でもいい出会いはあり、今もつながりはある♪

でも、次男の高校のチームはなんていうのかな。
本当に楽しくて、いい意味で全然違ってた。
親も子も本当に素晴らしくて、それぞれの個性を認め合い、言いたいことも言いながら仲もすごく良かった。
こんなにもまとまった仲間に、最後に出会えたことは感謝しかない。
そう、未知の世界はもうひとつあった。スポーツが培う絆の深さだ。
学校も学年も越えて、次男にはたくさんの仲間ができた。
彼の引退試合を見守るために、遠くから駆けつけてくれた子もいた。
それはきっと財産となって、これからの彼の人生を彩ってくれるに違いない。
私も自分の子以外が、こんなにも可愛いと心底思える体験は今までなかった。
どの子も愛おしくてならない。
そんな気持ちにさせてくれたバスケ応援生活10年に、心から感謝している053.gif

だから本当にもう悔いはない・・・。

でも、これで引退、応援生活もできなくなると思うとやっぱりそれはちょっと寂しい。
今日は試合の予定だったから、ぽっかりあいてしまい、朝から親のラインは鳴りっぱなし・・・
私も気持ちのやり場がなくて、みんなと想いを共有したくてずっとスマホから離れられなかった002.gif
メンバー全員。すでに別の道をみつけて退部した子の親も入ってる。
バスケや子どもたちが好きな気持ちは一緒だから、ね♪
そして、この夏にはそんなメンバー全員で、想い出に浸りながら打ち上げをするのだ。
全員でこんなことできるなんて、本当に幸せ016.gif
親の私ももまた、素晴らしい仲間に出会うことができた。

だから、もう先に進まなくちゃね!

終わっちゃった~という空虚な気持ちも、なんとか今日で区切りをつけられるかな?
明日からは心機一転、新しい日々に向かわないとね!

夫婦で着ていた親の応援Tシャツ!
毎週末、どこかの試合で応援が当たり前の日々でした。
朝、洗濯して干してたら、ちょっと泣けてきた~007.gif

最後に帰りの車の中で、「マジで感謝してる」と言ってくれた次男よ。
私たち親も、「マジで感謝してるよ053.gif

[PR]
by aromawing | 2016-06-12 20:50 | つぶやき♪ | Comments(0)
<< 6月 研修会 ♪ 体験講座 第2弾♪ >>